ジャケットのボタンが女性用と男性用で異なる理由

それは誰もが一度は気になったことがある疑問。

なぜ、ジャケットのボタンの配置は女性用 (左側) と男性用 (右側) で異なるのか?

女性のボタン:使用人の助け

女性用の服のボタンが左側に配置されているのは、かつて裕福な女性が使用人の助けを借りて服を着ていたため。右利きの使用人がボタンを留めやすいように、ボタンが左側に配置された。(男性は自分で服を着ることが多かった)

男性のボタン:軍事的な理由

男性の服のボタンが右側にある理由の一つは、戦闘時の便利さから来ている。中世の騎士や兵士は左手に盾を持ち、右手で武器を使っていた。ボタンが右側にあると、武器を引き抜く動作がスムーズに行えるため、服のデザインもそれに合わせられた。この伝統が現在でも続いているのだ。

補足

ジェンダーレスの動きが高まりユニセックスファッションが増えた現代では、フォーマルな場でない限りボタンの配置はそれほど重要視されない (例:女性がメンズのジャケットをオーバーサイズで着る、小柄で細身の男性がレディースのステンカラーコートを着る)

今後も「話のタネになる」スーツの雑学をお届けしていきます

お楽しみに

関連記事

  1. 【最後に耳寄り情報アリ】ビジネススーツからゴルフパンツまで対応!?WA…

  2. 【4/30まで】英国の上質ネクタイを期間限定で販売いたします

  3. ネクタイの起源

  4. ブレザーの由来

  5. オーダースーツを着て満足そうに笑う外国人男性とエレガントなドレスを着た美しい女性の画像

    オーダースーツの世界: あなたを輝かせる5つの魅力とは?

  6. サスペンダーの由来